「帽子をかぶっているとハゲやすい」説のウソホント

夏場になると、直射日光の熱などから頭を守るために使いたくなるのが「帽子」なのですが、ちょっとした理由があって、その帽子の着用をためらう人も少なくありません。

 

その理由とは・・・「帽子をかぶっているとハゲやすい」という説。あなたもこの説は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?もしこの説が本当なら、薄毛が気になる人にとっては、怖い話なのですが・・・

 

実際のところどうなのか、それについてお答えしましょう。

 

「帽子をかぶっているとハゲやすい」説には、嘘も真実も混じっている!

「帽子をかぶっているとハゲやすい」という説が正しいのかどうなのか、というと・・・実は「嘘も真実も、両方混じっている」というのが答えになります。

 

まず、帽子というのは、「紫外線や直射日光の高熱から頭皮と髪を守る」という点で考えると、非常に有効な手段ではあります・・・が、その反面「暑い季節にぼうしをかぶると、頭が蒸れる」という状態になることは間違いない、というのも事実です。

 

そう、「帽子をかぶっているとハゲやすい」という説は、この「頭の蒸れ」が頭皮に良くない、というところから来た説なんですよ。

 

確かに、暑い季節に「ずーっと帽子をかぶりっぱなし」ということであれば、蒸れによる不快感のストレス、雑菌繁殖による頭皮へのダメージ、などといった点が問題になってくるでしょう。

 

しかし「帽子をかぶるのは外出時、しかも屋外に出ている時だけ」など、防止の着脱をこまめにすれば、蒸れや雑菌繁殖の害は最小限にすることができますし、むしろ「紫外線や直射日光の熱カット」で得られるメリットのほうが大きくなる、と言えます。

 

つまり「帽子をかぶっているとハゲやすい」というのは、正しくは「帽子を長時間かぶりっぱなしだとハゲやすくなる可能性もある」という感じですね。

 

こまめな着脱を心がけられるのであれば、夏場の帽子の利用は「ダメ」どころか、ぜひおすすめしたいところです。

 

帽子使用における、その他の注意点

というわけで、帽子を使用する際は「かぶりっぱなしにするのではなく、必要な時だけかぶるようにする」というのがおすすめなのですが、その他にも守ってほしい注意点がいくつかあります。

 

まずひとつは「帽子による頭部の締め付けがないよう調整する」ということです。
締め付けがあると、それだけで頭皮の血行を悪くしてしまいますからね。

 

また、帽子を着用した日のシャンプーは「予洗いをいつもより長めにして、しっかりと汗の汚れを流す」ということを心がけましょう。

 

汚れを落とす、と言えば、帽子そのものの衛生面にも気をつけたいものですね。

 

丸洗い可能な帽子なら、こまめに洗うよう心がけましょう。
洗えない帽子については、まず汗を拭けるだけ拭き取ってから、除菌スプレー等で除菌し、天日干しをして日光消毒をする、といった方法がおすすめです。