髪と頭皮のためには「湯船入浴」が必要

「毎日忙しいから、入浴はシャワーをササッと浴びるだけ」ということをしている人は少なくないと思いますが、「薄毛や脱毛が気になり、育毛したい」と少しでも考えているのなら、このような入浴スタイルは厳禁です。

 

髪と頭皮を元気にするためには、湯船入浴をすることが必須ですよ。

 

湯船入浴の血行促進効果

髪と頭皮を元気にするために、なぜ、湯船入浴が必要なのかというと、まずは何と言っても、「シャワー入浴だけでは得られない、高い血行促進効果があるから」です。

 

頭皮の血行促進と言えば頭皮マッサージが有名ですが、頭皮マッサージというのは、あくまで「頭部の血行を良くするだけ」のものに過ぎません。

 

これに対して湯船入浴は、湯船の温熱効果で全身の血管をほど良く拡張して、全身の血行を促進する、という形になりますので、血行促進効果そのもののパワーも持続性も、頭皮マッサージよりもはるかに上なんですよ。

 

酸素や栄養は血液によって運ばれますが、頭皮だけの血行が良くなるより、全身の血行が良くなったほうが、「酸素や栄養も全身からしっかり運ばれてくる」という形になりますしね。

 

湯船入浴はリラックス効果も高い!

シャワー入浴よりも湯船入浴がおすすめな理由は、もうひとつあります。

 

それは、「シャワー入浴よりも湯船入浴のほうがはるかにリラックス効果が高く、ストレスの軽減にも役立つ」ということです。

 

適温の湯船に入ると、ついつい「ふーっ」とゆっくり息をついて、湯船の中でのんびり過ごしたくなりますが、まさに、あの「ふーっ」というリラックス感こそが大切なのです。

 

これに対してシャワー入浴というのは、どうしても「バタバタとした、単に汚れを落とすだけの洗い行為」となってしまい、リラックスをする機会がまったくと言っていいほど、ないんですよ。

 

ストレスというのも、薄毛・脱毛の大きな原因のひとつとされていますから、湯船入浴でこのストレスを緩和するというのは、とても大切なことなのです。

 

育毛のために役立つ湯船入浴のやり方

髪と頭皮のためには、シャワー入浴よりも湯船入浴がおすすめ、と言っても、「熱すぎるほどのお湯に短時間入るだけ」などといった間違った湯船入浴をしてしまっては意味がありません。

 

髪と頭皮の元気作りに役立ち、育毛の実現にもつながる湯船入浴のポイントは、以下のとおり。

 

〇水道水に含まれる塩素による刺激を中和するために、入浴剤を使用する。できれば、アロマ効果を得るために、好きな香りのものを使うのがベスト。
〇お湯の温度は38〜40℃程度。
〇湯船の中ではゆっくりと大きな呼吸をして、リラックスを心がける。
〇首や肩を軽く回したりもんだりすると、より血行促進効果が高い。
〇頭皮マッサージを湯船の中でするなら、髪を濡らす前にやること。(シャンプー後など、髪が濡れた状態での頭皮マッサージは、髪のキューティクルを傷める原因となるため)

 

これらの点を守って、湯船入浴を積極的にするよう心がければ、髪と頭皮の元気回復に大きなサポートを得ることができますよ。