薄毛が気になる人の食生活のコツとは

私たちの体を作っているのは、日々の食事です。

 

もちろん、髪と頭皮についても、それは例外ではありません。あなたが日ごろ口にしているものが、あなたの髪と頭皮の原材料となるのです。

 

髪と頭皮を育てるために役立つ「いい原材料」を食事から摂るためには、どんな点に気をつければいいでしょうか?

 

良質なたんぱく質を摂ろう

日々の食事において、まず摂取を心がけたいのが「良質なたんぱく質」です。

 

髪も頭皮も、主原料はたんぱく質ですからね。

 

たんぱく質を多く含む食品としては、肉・魚・卵・乳製品・大豆製品などが挙げられますが、ここでおすすめしたいのは、「できれば肉より魚をしっかり食べる」ということです。

 

肉のたんぱく質も良質ではあるのですが、肉についている脂身の脂肪分は、ドロドロ血を招きやすく、「ドロドロ血による血行不良を招きやすい」という意味で、食べすぎるのは禁物なのです。

 

その点、魚の脂は、むしろ血液をサラサラさせる作用があることで知られています。
つまり「たんぱく質補給だけでなく、血行改善にも役立つ」というわけですね。

 

また、大豆食品も、おすすめのたんぱく質食品です。大豆に含まれるイソフラボンは、髪の成長を助ける作用があるだけでなく、女性ホルモンに似た働きをすることでも知られています。女性ホルモンは、男性ホルモンの過剰な作用を抑制する方向でも働いてくれるので、イソフラボンはこの点で、男性ホルモンが大きく関わっているAGAへの効果も期待できるというわけです。

 

野菜・海藻類・きのこ類でビタミンとミネラルを!

髪と頭皮の主成分はたんぱく質ですが、その摂取したたんぱく質を、しっかりと髪や頭皮づくりに生かすためには、たんぱく質の代謝が必要。

 

その「たんぱく質代謝」をスムーズにするためには、各種ビタミンやミネラルもしっかりと摂っておく必要があります。

 

ビタミンやミネラルをしっかりと摂るには「野菜は温野菜・冷野菜ともにたっぷり、おかずのどこかに海藻類やきのこも入れる」という工夫をするといいでしょう。

 

つまり、髪と頭皮のための食生活のコツとは、「良質なたんぱく質食品と野菜をしっかり食べ、海藻類やきのこも取り入れる」ということなんです。

 

野菜等の摂取を増やす分、脂肪分や炭水化物(糖分)の摂取をこれまでよりやや控えめにすると、たいていの日本人にとって「ちょうどいい栄養バランス」になると言えるでしょう。