薄毛を招く「DHT」とは?

男性の薄毛問題を語る上で、絶対に無視できない存在となるのが「DHT(デヒドロテストステロン)」です。

 

このDHTとは、一体何なのか、それについてご説明しましょう。

 

DHTとは、一体どんなもの?

DHTとは、一体どんなものなのかというと・・・

 

ひと言で言えば、男性の脱毛症の代表格ともいえる「AGA(男性型脱毛症)」を引き起こす主原因となる存在です。

 

AGAと言えば、いわゆる「M字ハゲ」「てっぺんハゲ」というような脱毛症状が出る、男性特有の脱毛症のことなのですが、ひと昔前までは、このAGAの主原因が何なのか、ということは、あまり解明されていませんでした。

 

しかし、その後の医学研究によって、AGAが引き起こされるのは、「DHTが、毛母細胞のケラチンの合成を阻害して、髪が育つための細胞分裂をストップさせてしまうからだ」というのが、もっとも大きな理由だと推測されるようになったのです。

 

いくら頭皮や髪を元気な状態に保ち、毛根に十分な酸素と栄養が行くような状態になっていても、DHTが多く存在していると、「毛根が酸素や栄養をたっぷりもらっても、DHTの細胞分裂阻害作用のせいで髪を成長させることができない」という状態になってしまうのです。

 

DHTが生まれる仕組み

というわけで、DHTというのは、AGAの主原因として深く関わっている、ということになるのですが・・・そもそも、DHTって、なぜ発生するのでしょう?

 

実はDHTは、2つの物質が合成することによって生まれるものです。

 

男性の睾丸で作られるホルモン「テストステロン」と、髪の毛根に存在する「5αUリダクターゼ」という酵素が結びつくと、DHTに変わってしまうんですよ。

 

女性に、「M字ハゲ・てっぺんハゲ」といった、AGAタイプの脱毛症がほとんど起こらないのは、「DHTの発生源に、男性ホルモンが強く関わっているから」という理由があるからです。

 

女性にも一応、男性ホルモンはありますが、その量は男性よりもずっと少ないので、合成されるDHTの量も少ない、という理由があるため、女性がAGAになるケースは稀なのです。

 

ちなみにこのDHTのやっかいなところは、「髪の毛の成長は阻害させるくせに、ヒゲや体毛などの成長は阻害するどころかむしろ促進する」という作用を持っている、という点です。

 

ヒゲはともかくとして、「髪が薄くなるのに体毛は濃くなる」というのは、勘弁願いたい状況ですよね。つまりDHTというのは、「『毛』について、男性が望んでいる方向とはまったく逆の方向に働きかけてしまう存在」だというわけです。

 

男性用の育毛剤や育毛サプリメントでは、当然のことながらこのDHTの存在を意識したものも多く、「何とかして、テストステロンと5αUリダクターゼが結びつかないように作用させる」などといった工夫がなされていますよ。