育毛サプリとAGA治療薬との違い

よくインターネットで見かけるAGAというキーワードですが、これは男性型脱毛症の意味になります。AGAの人、気にかけている人、何らかのケアをした人を見ると20歳から69歳までの成人男性の3分の1が関わっているのが現実です。

 

またAGAは進行しますので抜け毛が増えて薄毛が目立つようになります。大きな要因は遺伝や男性ホルモンに影響されています。
AGA治療は1か月の1回の診察と薬の服用となります。初めは問診から触診によって髪の毛の状態をチェックした後に、症状を見極めて治療と薬を選びます。

 

若い世代を悩ますAGA

基本的に男性の頭が薄くなってくるのは40代、50代ぐらいです。しかし、最近は若ハゲと呼ばれる若年性脱毛症に悩んでいる若者が多いです。これらの原因は生活習慣やストレスによって毛髪のサイクルに異常をきたしていることがわかります。
AGAになる主な原因は男性ホルモンの影響が大半ですが、稀に遺伝性や上記の生活トラブルによるものがあります。この原因をしっかり見極めるためにも若いうちからAGA治療を受診することがオススメです。

 

AGA治療の副作用

AGA治療に服用する薬の成分でプロペシアとミノキシジルによって副作用を発症させる恐れがあります。特にプロペシアは勃起機能の不全と精力減退などの症状が表れる可能性があります。しかし、発症率はわずか1.8%なので余程心配ならば医師との相談で別の薬に変えるか薬の量を減らす手段もあります。または子供を授かってからの治療を奨めるところも多いです。

 

育毛サプリとの比較

AGA治療はよく育毛サプリとの比較を求められますが、AGA治療は治療薬となります。育毛サプリは健康補助食品です。
基本的には治療を済ませて補助的な部分を育毛サプリでケアすることが望ましとされます。
どちらが効果的かとよく言われますが、元々対立させることが間違っているのです。

 

 

消費者サポート:価格

AGA治療は大体、個人差もありますが多くのデータで3年間続けることでAGAの進行が止まるのが如実に分かってきます。そうなると気になるのは費用です。
AGA治療は健康保険が適応されない自由診療になります。治療費は病院によって様々ですが治療の相場は1か月1万円から1万5千円ぐらいが目安です。

 

まとめ

このようにAGA治療も髪の毛が薄くなってきた原因によって治療方法は異なってきます。先生に言われるばかりではなく、貴方自身もAGAに向き合って、正しい知識を入れることで医師の判断にも納得できるようにすることが大事です。