育毛効果の成分【イソフラボン】の効果

育毛サプリメントの内容成分の中で気になるのがイソフラボンです。

 

このイソフラボンが育毛効果で注目を浴びています。
イソフラボンとは、マメ科などの植物に多く含まれている
植物性ポリフェノールのことで大豆などに沢山のイソフラボンが含まれています。

 

このポリフェノールがとても優秀な成分で
生活習慣病を発症させると言われる
活性酸素を抑制する効果があります。

 

そんなポリフェノールを沢山含んだ
イソフラボンには育毛効果で大きな期待が持てます。

 

育毛効果

このイソフラボンは体内で
女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをすることで

 

男性ホルモンの過剰な働きを抑制することができます。
脱毛の原因でもあるテストステロンが
ジヒドロテストステロンに変換するのを抑制するのが、このイソフラボンの力とも言えます。

 

またイソフラボンには高い抗酸化作用があります。
この抗酸化が強いことで自分の細胞や遺伝子を酸化ダメージから防ぐことができます。

 

この酸化が老化と病気の原因にもつながります。
そして、高い抗酸化作用は十分に育毛への影響を与えます。

 

抜け毛や薄毛の原因の一つに根元である頭皮の細胞に関係します。

 

この細胞が活性酸素の影響で酸化されたら、
ここに毛は立つことは難しくなります。

 

しかし、抗酸化作用によって酸化のダメージを減らせれば
抜け毛や薄毛は改善に向かいます。

 

他の成分とコラボさせることで効果アップ

イソフラボンの効果も素晴らしいものがありますが、
イソフラボン単体だけではなく他の成分と合わせることで
効果を更に上げる可能性があります。それがカプサイシンです。

 

あの唐辛子で有名なカプサイシンとイソフラボンを合わせることで
高い育毛効果が期待できると言われていますが、
一部では問題視されている意見もありますので試す程度での試みをオススメします。

 

イソフラボンの1日の摂取量

育毛サプリメントの副作用の事もありますので
イソフラボンの1日の摂取量に関して一応、国が提案している摂取量は
1日の上限目安が70rとされています。

 

食事からでもイソフラボンは摂取できるので
毎日の食事を考えてイソフラボンサプリは補助的に使うことがオススメです。

 

まとめ

育毛効果に対して重要なイソフラボンですが、
摂取する量や目的をしっかりとした上での使用がとても大切です。

 

ポイントは抗酸化と女性ホルモン様作用です。
自分の髪の毛のトラブル原因をはっきりとさせた上で
イソフラボンサプリを使うと効果につながります。